良品/不良品の仕分けは

合否判定とNG分類の考え方

測定を自動化するにあたって考えたいのは、

 一番のスタートとして----とにかくコストをかけず、不良品を混ぜたくない。

 理想としては-------生産工程(生産機械の信頼性や工具の寿命)の管理

となってくることと思います。

 具体的にいうと

 ステップ1 合否判定信号により、良品/不良品に分類

 

 ステップ2 合否判定信号により、良品は1つ不良品は項目ごとに分類

 

 ステップ3 測定データを表示し、合否判定信号により、良品は1つ不良品は項  

       目ごと分類

 ステップ4 測定データを表示し、さらに制御機器により、演算等を行う。

      (測定機器のみの機能では処理できない項目がある場合など) 

 ステップ5 測定したワークにシリアル番号などを行い、各項目の測定データを            日時とともにデータ保存する。

       信頼性を重視する自動車部品メーカでは、トレーサビリティ

       の関係から重要なポイントとなります

 

 

 

 

お問い合わせ

有限会社ハマダシステム工業

本社:石川県かほく市森ソ1番地

TEL:  076-283-3119

FAX: 076-283-2990

 hamada-sys

@sky.plala.or.jp

お問い合わせ

 浜田啓好まで